ダニエル・オッテンザマー 至極のクラリネット・リサイタル ピアノ:村田千佳

2018年05月23日(水) 開場18:30 開演19:00

Mah!和歌山県立図書館(メディア・アート・ホール)

  • イベント情報
  • 出演
  • 会場
  • チケット取置申し込み
日時:2018年05月23日(水) 開場18:30 開演19:00
会場:Mah!和歌山県立図書館(メディア・アート・ホール)
出演:ダニエル・オッテンザマー / 村田千佳
関連サイト:https://www.facebook.com/events/155432408497041/
参加:参加:前売3000円 当日4000円

Mah!ライブラリー室内楽定期演奏会 Vol.23
ウィーン・フィル首席/クラリネット界のプリンス
  ダニエル・オッテンザマー
    至極のクラリネット・リサイタル
          ピアノ=村田千佳
お問い合わせ先:和歌山県立図書館クラシック音楽会議 073-457-1011
  • ダニエル・オッテンザマー

    ダニエル・オッテンザマー
    1986年ウィーン生まれ。2009年よりウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場管弦楽団の首席奏者を務める。カール・ニールセン国際クラリネットコンクール、「アニマート財団」国際クラリネットコンクール(チューリッヒ)など多くの国際コンクールで入賞。ソリストとして、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ミュンへン放送管弦楽団、ケルン放送交響楽団、ウィーン放送交響楽団、ウィーン室内管弦楽団、オーデンセ交響楽団などと共演。また、ロリン・マゼール、アダム・フィッシャー、アイヴォー・ボル
    トン、ラルフ・ワイケルトなど著名な指揮者とも共演を重ねる。アジア各国、アメリカ、ヨーロッパ各地で多くのツアー、マスタークラスも行う。室内楽でも、アンゲリカ・キルヒシュラーガー、バーバラ・ボニー、トーマス・ハンプソン、ベルナルダ・フィンクなどと共演。「Weber and Brahms」(Classic Concert records)、「MEIN WIEN・MYVIENNA」(SONY CLASSICAL)をリリース。

  • 村田千佳

    村田千佳
    特別な熱意を持ってアンサンブルに取り組くむ村田千佳
    は、カール・ハインツ・シュッツ、ダニエル・オッテン
    ザマー、ライナー・ホーネック等、内外の音楽家から厚
    い信頼を得ている。通算6年に亘るウィーンでの研鑽から
    帰国後、2012年より自主企画を開催。2016年からは新
    シリーズ「室内楽の醍醐味」を開始。同時に、自身がリ
    ーダーを務めるゼッパールトリオが、札幌ふきのとうホ
    ールレジデンスアーティストに抜擢される。
    和歌山市生まれ。東京藝大学附属高校、同大学同大学院
    修了後、文化庁奨学金を得てウィーン国立音楽演劇大学
    大学院ピアノ科及びピアノ室内楽科「ハイドン研究所」修
    了。オーストリアトーマスティック・インフェルド賞受賞、
    国際ハイドン室内楽コンクール審査員特別賞受賞等、日本
    をはじめ欧州各地で公演。現在、東京藝術大学にて後進の
    指導に携わる他、銀座ハプスブルクファイルヒェン音楽監
    督、日本ベトナム文化交流協会芸術監督。大桑文化奨励賞
    、和歌山市文化奨励賞、和歌山県文化奨励賞受賞。

Mah!和歌山県立図書館(メディア・アート・ホール)

和歌山市西高松一丁目7-38


http://wgs.wakayama-c.ed.jp/hall/


Mah!(マー!)は、メディア・アート・ホールの愛称。
きのくに志学館内、和歌山県立図書館2F
文化情報センターの多目的ホール。100席~300席のレイアウト可能。
図書館閉館後(18時)の夜間は専用の無料駐車場(最大150台)完備、
日祝の昼間は図書館利用者で入庫に時間を要することがあります。
入場・出場時にボタンを押すタイプのゲートがあります。
 
JR和歌山駅から和歌山バス(約20分)
南海電鉄和歌山市駅から和歌山バス(約20分)
高松バス停下車、徒歩約3分
 
 


こちらのイベント申込は受け付けていません。