第30回LURU CLASSIC CAFE

2019年03月16日(土) 開場13:00 開演13:30

LURU HALL

  • イベント情報
  • 出演
  • 会場
  • チケット取置申し込み
日時:2019年03月16日(土) 開場13:00 開演13:30
会場:LURU HALL
出演:K♯3 木南祐子(ハンマーダルシマー、シター) 粉川登志子 (アイリッシュハープ・打楽器・リコーダー)木下加寿子 (ハンマーダルシマー・フレームドラム) ,岩本紗綾(グランドハープ),小泉友衣子(ピアノ)
関連サイト:https://www.facebook.com/events/732740987111136/?active_tab=about
参加:1500円(アフター・ティー・パーティ付) 限定50席

3組のアーティストによる、
ジョイントコンサート Vol.30
選りすぐりの名曲ばかり、
アフター・ティーパーティと共にお楽しみください

  
=今回より、開演時間は13:30となりました=
=終演後2Fカフェにて、
   出演者交えたアフターティーパーテイがあります。=


お問い合わせ先:LURU HALL 073-457-1022
  • K♯3 木南祐子(ハンマーダルシマー、シター) 粉川登志子 (アイリッシュハープ・打楽器・リコーダー)木下加寿子 (ハンマーダルシマー・フレームドラム) ,岩本紗綾(グランドハープ),小泉友衣子(ピアノ)

    K♯3 木南祐子(ハンマーダルシマー、シター) 粉川登志子 (アイリッシュハープ・打楽器・リコーダー)木下加寿子 (ハンマーダルシマー・フレームドラム) ,岩本紗綾(グランドハープ),小泉友衣子(ピアノ)
    K♯3 ケーシャープスリー
      木南祐子(ハンマーダルシマー、シター)
      粉川登志子 (アイリッシュハープ・打楽器・リコーダー)
      木下加寿子 (ハンマーダルシマー・フレームドラム)

    高野山のふもと月の光の庭「リュスモーネ」に和歌山、奈良、大阪の三都より集いし三楽師が、 悠遠の時を超え熊野古道と姉妹道のガリシア地方サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼道に伝わる「聖母マリアのカンティガ」やイギリスのカントリーダンスなど中世・ルネッサンスの素朴な祈りの音楽を聴いて頂きたいです。

    「モンセラートの朱い本」(写本)は13世紀よりスペイン バルセロナ近郊のモンセラート修道院に伝承されている巡礼の歌
    「カンティガ」は中世よりイベリア半島に伝わる聖母マリアの賛歌、13世紀のアルフォンソ10世が編纂している。バルセロナやガリシア地方の中世曲は、バルカン半島の音楽と同じくアラブ音楽の流れを汲んでいます。
    「ダンシングマスター」17世紀イギリスのジョン・プレイフォードによりイギリス各地から収集されたカントリーダンス集

    岩本 紗綾 グランドハープ
    和歌山県出身。10歳からアイリッシュハープ、14歳からグランドハープを始める。 2015年愛知県立芸術大学音楽学部器楽科ハープ専攻卒業。 2016年に和歌山市交響楽団とヘンデルのハープ協奏曲を共演。 2018年にアジアユースオーケストラのオーディションに合格。 各地でのオーケストラ賛助出演、室内楽、ソロ、吹奏楽指導などの活動を行なっている。これまでに川口麻紀、摩寿意英子、田渕順子、渡邊萬里、木村茉莉の各氏に師事。 今年3月、神戸女学院大学修士課程修了。和歌山市在住。

    小泉友衣子 ピアノ
    神戸女学院大学卒業、同大学院修了。第19回和歌山県立高等学校声楽ピアノコンクール第1位、ならびに教育長賞受賞。第18回ペトロフピアノコンクール奨励賞、第15回日本演奏家コンクール全国大会入選など数多く受賞。また大学在学中より、学内選抜によるコンサートや室内楽、所属する演奏団体の定期演奏会などに出演。またエウフォニカ管弦楽団と協演するなど幅広く活動中。 2012年、姉妹ピアノデュオグループ「悠音(ゆうのん)」を結成し、同年デビューリサイタルを開催。2014年より、「悠音のようこそクラシック」コンサートシリーズを企画、出演。また、学校への訪問演奏や、美術館•ホテルでのコンサートなども積極的に行なっている。

LURU HALL

和歌山市狐島298-1FOXYテラス1F


http://luru.jp/hall/

https://www.facebook.com/Luruhall/


和歌山市の郊外、幹線道路沿いの商業施設・FOXYテラスに、2016年3月オープン。音楽は、時を超えて、場所を越えて繋がるもの。途切れることなく続く様をあらわす「縷々(LURU)」をその名に冠したホールLURU HALLは、本格的なコンサートホールの機能を備えたコンパクトなライブスペースです。音響設計は内田音響設計室の内田 匡哉氏が手がけました。限られたスペースを最大限活用した、響きの良い空間設計。全33席の贅沢な空間は、アーティストの表現を、息遣いまで感じられるほど近くに。LURU HALLならではの臨場感を楽しめます。また、ドリンクやフードのサービスも楽しめる。大駐車場完備だが、JR和歌山駅、南海和歌山市駅の路線バスも便利。


こちらのイベント申込は終了しました。